わきがの基本情報

わきが手術は痛い!専用クリームなら自宅で安全にわきが対策できる

わきがを治すために手術を検討している方もいるでしょう。手術にも複数の種類がありますが体への負担や術後の後遺症などの不安もあります。ここでは自宅で始められるワキガ専用クリームを使ったケア方法を紹介しています。痛みもなく安全で手軽に始められるデオドラントがおすすめです。

手術の種類

煎除法

わきが手術の代表的な治療法として認知されています。脇を切開して、ワキガの原因とされるアポクリン腺を直接除去する手術になります。

効果的にはアポクリン腺を除去すしますし目視によっての治療なので効果は高いと言われています。気になる再発も少ないので検討する方は多いですが、局部麻酔での手術になるので治療している感覚はあります。

抜歯までは約1週間程度で完治までを考えると1か月は必要かと思います。

ミラドライ

煎除法とは違い、脇を切開することなく治療できるので傷跡や副作用の心配がないのがミラドライです。マイクロウェーブを利用した特殊な治療法として認知されています。

何よりメスを使用しないので当日シャワーを浴びることも可能という特徴があります。

ミラドライはアポクリン腺を切り取る手術ではなく「機能をなくす」方法で煎除法でアポクリン腺を除去したのと同じような効果に期待ができます。

手術の痛みとダウンタイム

ワキガ手術にはダウンタイムが存在します。このダウンタイムに色々な症状が起こる場合があるので覚えておきましょう。

  1. 腫れや痛み
  2. 水膨れ
  3. 注射を打った時のあざ
  4. 赤み

人によって症状は様々ですが手術を受けることでダウンタイムの症状が現れる場合があります。煎除法は特に切開しているので症状が出やすいです。ミラドライは比べると少ないですが腫れや赤みは出てしまいます。